日本サービスドッグ協会

先日のしゅんたのお里の親睦会で『日本サービスドッグ協会』のチャリティーグッズの販売をしていました。
私達は楽しみにしていたんです。
この協会は補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)たちの引退後の余生をサポートしています。
私はこのように引退後のサポートしているところに賛同していました。
今回、娘は親睦会でフェルトで出来たラブラドールのブローチを買いました。
そして家に帰って来てからその時にもらったパンフレットを見て娘はタブレットで色々調べていました😌
そして、娘が「人の為に頑張ってくれたワンちゃん達に寄付をしたい!」と言ってきました。
そんな風に思ってくれたことを嬉しく思う反面、ケチで貯金が趣味のような娘がそう言ったことに私は驚き👀‼
「いくらしようかな~?」と。私は「無理しなくてお母さんがするから大丈夫よ!」って言ったのですが、「私がしたいの!」と。
「じゃあ無理しない程度に続けていけるように」と伝えました。
10歳になる娘が寄付する金額はほんの微々たるものかもしれませんが、何か少しでもお役に立てればと思っています😌。
そして、引退後の余生をワンちゃん達が幸せに過ごしていってほしいなぁと願います😌

[PR]
Commented by モカ母 at 2018-06-01 17:04 x
娘ちゃん、ありがとう😄
寄付したいと言ってもらえて
チャリティーグッズを親睦会で
販売して良かったです!

チャリティーグッズを担当した
リオン君のママさんも訓練所のMさんも
きっと喜びますよ〜
Commented by mika-0716 at 2018-06-01 17:37
モカ母さん
娘、盲導犬の本とか日頃から読んでいて何か出来ないかな?って思っていたみたいです。私が盲導犬の寄付の募金箱に入れているのを小さい時から見ていましたが、今回は介助犬の引退後を支援というところに、これや!って思ったみたいです😊人の為に頑張ってくれたワンちゃんに恩返しをしたいらしいです。
リオンくんママさんにお聞きしてボランティアできることがあるような。
娘、その話をしたら興味を持っています。
by mika-0716 | 2018-05-31 09:18 | Comments(2)